hanoA_top



Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>


映画のワンシーン
最近の日記
ママの制服
映画ドラえもん2018
日曜日の夕方のよかん
Search This Site
Others
ママの制服

こんにちは。



岡田有以です。




今日からときどき不定期で


コラムを書こうと思います。





今思っていることなど、


じぶんに正直になって書いてみます。






我が家では4月1日から3日間
「記念写真day」

行われました。




入学式シーズンの春、


まさに今年の我が家がそうなのです。






幼稚園に入園するのです。




それだけでもドキドキ。


新生活にドキドキするし。。。


ちゃんとした「お母さん」ではないと


自覚しているからこそ(笑)


「ちゃんとできるかしら?」と


不安もつきまとう今日この頃。






なんといっても


最近の不安の種は


「入学式の服装」なのでした。





「ママの制服」ともいうべき


「フォーマルな服装」に私はかねてから


なんでかわからないんだけど、


ちょっとスネていました。(笑)





「フン!」て。(なんでなんだろう??)





街をあるけば「フォーマルフェア」が

開催されてるなか、




私の心は固く閉ざしていました。




「ママの制服なんて着ないで、


入学式に挑みたいなあ。。」




と思っておりました。





きっと、「みんな一緒」な感じのする


「ママの制服」とも言える「フォーマル」は




着たくなかったんだろうなあ。




心のどこかでは「1日だけだし」とか


「わざわざ買うのもったいない」とか




そんな思いも浮かんでいたり




「のちのち着回せたほうが絶対いい。
だから

ふだんでも着れるものにしよう!」
そう思っていました。





でも、「フォーマルフェア」


気になる小心者の私は、
色んなお店に

行っては店員さんにアドバイスを乞うのでした。

数年前にセレクトショップで買った

ワンピースがあったのです。

白色で。買ったときに「フォーマルに行けるかもしれない。」

と思いました。

そして、心のどこかで「こどもの入学式にはこれを着ていこう!」

と思っていたワンピース。

なので「うんうん、このワンピースに

ジャケットを羽織るぐらいでいいかな」

と考えていました。。。

その白いワンピースを着て「フォーマルフェア」へ挑んだのでした。

さあ、素敵な一着に出会うまでの

戦いの火蓋がおろされました。


いざ!ワンピースを着てお店へ。

すると店員さんに言われた一言

「そのツイードじゃ、フォーマルはむずかしいかも。」

「へ?!」と心の中の私は大音量で言うのでした。

(実際は、言ってませんよ。だまってます)

「スカードのツイードがカジュアル目なので。。。」

と定員さん。

わかんない。

わかんない。

わかんないよ!!

見た目は一緒なのに、カジュアルも、フォーマルもあるの?!

心の中の私はパニックです。

その店員さんには「こちらのジャケットとワンピースはどうですか?」

別のワンピースをすすめられました。。。

全く私のワンピースは論外だったようで。。。。

なんだか敗北感で店を出た私。

この瞬間から「フォーマルな服装ってなに?!」という

新たな疑問と格闘する日々が続くのです。

だって、ひとことに「フォーマル」といっても

人によって「あり」だったり「なし」だったりする

幅の広い言葉。

その中の「自分」の感覚を頼りにできたらいいけど

「いいお母さんにみられたい。」って

「人の評価を考えて着る服」だからこそ

「正解ってなんだ!?」って思いが

フツフツと浮かんでは消えました。

例えば、ちゃんとしたジャケットに、

プリーツスカートなら、フォーマルはあり。

でも、プリーツスカートの生地感と色によって

「あり」「なし」は決まるようで。。。。。

むずかし〜!!

むずかしよ〜!!!

そこで、百貨店へむかいました。

素敵なワンピースと、白いジャケット^^

「入学式にってお客様多いですよ〜」

とっても素敵なレースのワンピースに

ツイードの白ジャケット。

か…かわいい。

でも、お値段はかわいくない。(笑)

ちぇ〜って

なって、でも着たかったなあ。。。

と思ったり。。。

でも、その白のツイードジャケット

とってもかわいい。そして素敵。

そして、店員さんの

「入学式にってみなさん買われてて

取り寄せになります。取り寄せも、できるか

確認しなきゃなんです。」と詰め寄られ。。。

う〜ん。。。。

ワンピースは、手が届かないので、

ジャケット、買う??う???

とりあえず、考えます〜

とお店を後にします。

この時点で私の心の中では

せっかくの、せっかくの入学式。

少しの時間だけど、

記念だし、本当に胸をはって

着れるものを買いたい!!

と言い張る天使がいたり。。。

そして

お洋服のセレクトショップを開いている

お友達のお店へ。。。。。

さっそく先ほどのツイードの

お洋服を相談するも

「ツイードなんて、普段着ないよ。

もったいないで!!

どうせなら、

ふだん着れる綺麗目なワンピに

ほんまにどこにでもあるような

シンプルなジャケットを羽織ったらいいねん。」

と。。。。。

そして、試着をし、

とっても素敵な黒のワンピースを気に入ってしまう。

そして

「むっちゃ似合うで。

新しい境地やで。」などの

口車に酔う酔う。笑

お洋服としてはとっても素敵。

ひらひらしたワンピースは

少しの風でひらりと舞う。

なんて華麗な。。。。

お上品だけど、縫製はカジュアルな

黒のワンピース。

でも、そもそも

黒じゃなくて白で探してたんだけどな。。。

なにより素敵だけど

私、いまやんちゃな小さい子ども育ててて

「女性」な服装皆無だったなあ。

着たいけど、毎日お米がついちゃう危険性が。。。

しかも、このスケスケな感じ。。。

あかんくない???

あれ?そもそも何考えてるんだっけ???

あれれ。。。

なんだかたくさん考えてしまって

気づいたらお洋服は購入。。。

あれ?

あれれ。。。。

そして家について、吟味。。。

持っていた黒ジャケットを着る。。。。

これで…いいか???

でも、黒クロやん。

上のジャケットもっとないかな??

クロクロなら、着ようと思ってた

白ワンピースに、クロジャケットにしようか?

そう思いをはせてたら

外では美しい桜が咲き誇っていて。。。。

「おお〜い!!桜と写真を撮りに行こう!!!」

と家族を誘ったのでした。

旦那さんがお仕事に行くまでの

毎朝、早朝に私は洋服を変え。。。

本番の入学式にどれがいいか。。。

考えながら。。。

我が子は嫌々参加の記念写真。

3日つづく記念写真。

家族のみなさん

付き合ってくれて、ありがとう!!!

そして、ふつふつと考える日々。

う〜ん。

嫌だ嫌だと思ってた「ママの制服」

ありきたりで、嫌だったけど

でも、「ママ」じゃなきゃきれないし

言い換えたら「今」じゃないと着れないんじゃ?

せっかく着れるチャンスを

私はみすみす蹴ってしまっているのでは?

勿体無いことしてる感じもするな…。

そう思いつつも、もう決めなきゃいけないし、

お洋服見に行く気力もないかもな。。。

そして考えた末、

これでいこう!!!

そう決心したのは、購入した黒ワンピースに

オレンジ色のジャケット!!!!!

そして私は母に報告するのでした。

「オレンジ色のジャケットに、黒のワンピースでいくわ。。。」

すると、

「今日買い物にいかない?」と母からお誘いが。。。

ん??なんで??

「テレビでオレンジ色のジャケット、

目立つから役員に任命されやすって」

「え?!」

「こどもいじめられやすいかも。。。やって…」

「お買い物いきましょう!!!!」

こどもがいじめられるっちゃあ、

もう、そんなん嫌やん。あかんやん。

考えすぎかもしれないけど

無難なんがいいなあああ。。。

そして結局、ネイビーのスエードスーツを

ご購入。。。。。。

ちょ〜〜〜〜無難。

絶対めだたない。。。

入学式の主役はあくまで「子ども」

だから、親である私の「私らしさ」は

今表現しなくてもいい。と素直に思えたのでした。

そして、

あんなに嫌がっていた「ママの制服」である

ツイードスーツを買った瞬間、持ってるって思った瞬間

なんだか胸を張って

なんだかうれしくて

なんだか、大人の階段のぼったな♪と

思える私が居たのでした。

そんな自分の気持ちに

びっくりして

なんだか

安心したというか

なんだか

なんだか

ほっとした^^

そんな大波乱な4月を過ごして

いよいよ、入園式に挑むのでした。

あ〜〜〜!!

ドキドキだ!!!


▲この記事に対してtwitterでつぶやけます。
映画ドラえもん2018





ドラえもんの映画を
見に行きました。



ポップコーンを
相棒に。



映画がはじまるまでの
予告で、去年は
こわい!こわい!



とゆっていた3歳児は



こわい!
こわいけど見る!
という4歳児に
なっておりました。
(ちょっと変わった笑)





相変わらずの
席をとっても
私の膝の上の
抱っこスタイルで
映画を堪能。





去年は
ほとんど残ってた
ポップコーン。





だから、
バクバク食べてしまって
ペース配分まちがえて
しまいました。




それに、
わが子も
食べるようになってて
おどろき。
もものき。
さんしょのき。





ドラえもん。
私はウルウル
泣いてしまった。





涙もろくなってしまったぜ
ちくしょうめ。





でも、
素敵な映画を
作っている人たちがいる。





っておもうと
うれしいなぁ。




来年は
だっこ卒業なるか?!





わっかんないなぁ。





抱っこ大変だけど
それはそれで
寂しいのかもしれない。





まったくもう。





揺れる心は




舞う桜。





なのでした。






#映画どらえもん #泣いてしまった。 #4歳児と映画。よいな。

▲この記事に対してtwitterでつぶやけます。
日曜日の夕方のよかん



夕方


日曜出勤の
おとっつぁんの
帰りを



てくてく
てくてく
迎えにいく。



てくてく
迎えにいく道の中



香りが
芽生えのかおりで
いっぱいだった。



はるだなぁ
春だ〜。

春かぁ。



今年の春は
がらりとなりそうな予感。。。








▲この記事に対してtwitterでつぶやけます。