hanoA_top



Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>


映画のワンシーン
最近の日記
2歳児のかおり
お料理に砂糖はつかいません^^
コラム: 人を思えるブログに。
震災って。。。。
第一回:岡田さん、健康にいい食材ってなんですかね?その1
コラム001 はじめての妊娠。
Search This Site
Others
2歳児のかおり

彼は言う。
2歳の彼は
「ぱい〜!ぱいぃ!」


「おっぱいを飲みたいです」
と言っているんだけど


その言い方がなんとも
かわいい。



なんていうか、
言い方が優しい。



ほんとうに
天使がいたら、こんな喋り方かな?
というかんじ。




その天使が
おっぱいを飲む。



表現が

へたっぴでごめんなさい。笑



もぅ、むさぼり飲む 笑




そんな格好で?!
というようなアクロバティックな
飲み方が彼の得意技でして



なんともみたことのない
おっぱいのかたちをしており


おっぱいさん、ごめんね。
いつもありがとう!


という気持ちになる。




さて、そんな
アクロバティックなおっぱいタイム。




最近わたしは
クンクンしている。




赤子の頭をクンクン

くんくん嗅いでしまうのです。




これが、なんだか
やめられない。



どうしよう?!
やめられないの。。。



ここぞとばかりに
クンクンしてしまう。



なんだか独特の
汗の匂い。



きっと臭いのかもしれないけど
いい匂い。



なんだか
大好きで
今日もクンクン。



夏真っ盛りの
頭のかおりは

なんだかなんだか。



すき。




そして今日


ひとつ発見をした。




だんなさんに
こどもをみてもらってる間に
密かにお風呂に入った。


ちゃぽん


って水の音を楽しむ余裕が
なんだか、うれしい。


贅沢だ。



そしてあがって
間違えて着ていた
タンクトップを着ようとしてしまった。



そして、ん??



クンクンしてみる。



自分のタンクトップ。




へぇ。
へぇ!



なんだか2歳児の頭と
似たような匂いがする。



なんだか変だけど
なんだか親子なんだ!


と思った。



なんだか不思議。



そんな夏の夕暮れなのです。







▲この記事に対してtwitterでつぶやけます。
お料理に砂糖はつかいません^^

 

こんにちは!

hanoAです^^

 

 

もうすっかり春ですね〜^^

いいお天気。

 

 

もう4年ぐらい

私はお料理でお砂糖を使いません^^

 

 

 

ケーキとか甘いものが大好きな私。

甘いものをたくさん食べる。

 

 

 

けど、いざ自炊をしてみると

こんなにもお砂糖使ってるの?!

 

 

 

って衝撃がすごくありました。

もうびっくり。鉄砲豆。

 

 

甘いスイーツを罪悪感なく

ゆったり食べたいので^^

 

 

 

お料理では、できるだけお砂糖を

つかわないように〜〜〜と心がけました。

 

 

はじめに目をつけたのは

はちみつなのですが、

 

 

はちみつなんですが、

はちみつって、60度以上になると

酵素死んじゃうって知ってました?!

 

もう、え〜!!!

ですよ。意味ないじゃん。

 

お料理って

確実グツグツするじゃん!笑

 

 

で、あれでもな〜い

これでもな〜い。

 

っておちついたの が

「みりん」です^^

 

もう、ラブ!!です^^

 

 

よく、人気だって言われてる

みりんは、お酒の香りがつよくて^^

 

 

 

お酒が飲めない私は

その香りや、お料理中の蒸発?の香りで

 

クラクラしちゃうので

なくなくあきらめました^^

 

 

今はちょうどいいみりんに出会って

たのしい毎日です^^

 

みりん!!

おすすめですよ^^

 

 

 

ほにゃほにゃ〜^^

 

 

 

 

 

#料理

#砂糖使わない

#みりんに限る

#みりんをそのうち極めよう

 

 

 

 

 

 

 

 


▲この記事に対してtwitterでつぶやけます。
コラム: 人を思えるブログに。
こんにちは。


もぅすっかり2月ですね。
節分も終わり、今日は
関西ではあったかくて
ポカポカでした。


いつも通りダウンを着てしまった
わたしはあたたかすぎて笑


それでも
ポカポカしてて
ダウンがお布団のようで
気持ち良すぎて
ねむってしまったのでした。



さてさてさて。
今日は気品について
考えていこうと思います。



最近、面白い素敵なブログがbr /> たくさんあって、私も
とっても楽しませてもらって
います。


そのなかで、
うーん。と思うものに
出会ってしまいまして。



何がこんなに
ひっかかるのかなぁ?
と考えていたら



笑いが、純粋の笑いじゃない。

単純に気持ちがよくなかったんです。

誰かをバカにしていたり。。、


それって、
どうなのかなぁ?と
モンモンと考えてしまいました。




自分を大切にする人は、
きっと他人も大切にできる方
だと思うんです。


想像力のある人は
自分がされて嬉しいなと
思うことをしてあげれるひとだと
思うんです。



それは、ブログの言葉にも
あらわれるんじゃないかな?




せめて
私は、そんな思いやりのある
文章を書けたら嬉しいなぁ




そう思うのでした。(*´∇`*)





今日も遊びに来てくれて
ありがとうございます。





▲この記事に対してtwitterでつぶやけます。
震災って。。。。

 

阪神淡路大震災があった時

私は小学4年生だった。

 

 

震災の前の日

すき焼きを食べてた。

 

 

お父さんが言った。

「今、揺れへんかった?」

 

 

家族みんなは

「へ?なにゆうてんのん」

って感じだった。

 

 

あの頃は

今より地震なんてなかったから

「揺れる」ってことが、今いちわからなかった。

 

 

気がつくとお父さんが

私の上にいた。

 

正確にいえば、

私と、妹とお母さんを

お父さんが覆いかぶさって

守ってくれてたんだけど

 

ねぼけた私は

「窮屈だな」

と、ぼんやりおもってた。

 

 

家の中は見事に

ぐちゃぐちゃで

 

びっくりしたけど

お父さんが

 

「はよ家の外にでえ!!」

って叫んでた。

 

 

私は

必死で自分の靴を探すんだけど

 

「何でもええからはよ!!」

って怒鳴られて

 

寒いし

わけが分からなかった。

 

 

車の中に避難して。

 

 

「早く夜があけないかな?」

と思っていたけど

 

いつまでたっても

空は赤黒かった。

 

 

ずっと

雪みたいな黒い灰が

降っていて

 

 

「なんで?」

と思ってた。

 

 

時間が立ってそれは

長田で街が火の海になっていて

 

すべては

それだったとわかるのだけど。。。

 

 

そんな体験をした

私も立派な大人になった。

 

 

子供もいる。

 

今、おなじようなことがあったとき

私もお父さんとお母さんが守ってくれたみたいに

家族を守れるだろうか。

 

 

今日は

とことん考えなきゃな。と思う。

 

 

黙祷も、ちゃんとします。

 

 

 

 

 

 

 

 


▲この記事に対してtwitterでつぶやけます。
第一回:岡田さん、健康にいい食材ってなんですかね?その1

こんにちは。

 

hanoA(はのあ)です。

さっそくですが、新年はじめての企画をしようと思います。^^

 

 

今年はコラムを書いてみようと思います。

ので、よろしければ、お付き合いよろしくお願いします。

 

 

記念すべき第一回は

第一回:岡田さん、健康にいい食材ってなんですかね?その1です。

 

 

 

いやあ、自分に子どもが生まれるって

想像できなかったなあ〜^^

 

 

と思いつつも、

子どもが生まれてくれて

育ってくれています。

 

(どうもありがとう!我が子よ!!)

 

我が子が生まれてから

私は今まで以上にたくさん

たくさん本を読みました。

 

 

だって、だってだって

健康に楽しい人生を送ってほしいから!!!

 

 

 

食べ物にもむちゃむちゃこだわりました!

3歳までは大病もなく^^よかった!!!

 

 

ですが!!!!

4歳になり、幼稚園に行くようになると

びっくりするぐらい、すぐ風邪を引いたり

熱をだしたりするようになりました。

 

 

ついには肺炎で入院したりね^^

いろぉ〜んな問題が

どっぱ〜ん!!て

土曜サスペンスの大波みたいに

押し寄せてきました。

 

もう、焦る焦る。笑

 

 

初めて入院した日

我が子は不安そうな顔。

 

だけど、しんどくて

それどころじゃない顔。

 

腕は点滴でぐるぐる巻きで

なんとも痛そう。

 

痛いの必死にこらえて

頑張って寝てる我が子を見て

泣きました。。。。

 

なにやってんだろう?って。

 

ホンマにゴメンね。って。。。

 

 

そして、

入院したその日、

私の誕生日だったんですよ。。。

 

 

「ママちゃんにプレゼント渡せなくてごめんね」

なんてしんどいのに言われた日にぁ

 

 

大粒の涙こらえるの必死ですよ。

 

 

「ううん。お母さんのほうがごめんね。

ごめんね。。。頑張ってえらかったね。

ありがとうね。早くお家帰って

一緒に寝ようねっ」て。。。

 

 

 

心のなかで自分の声がうずまきます。

 

 

なんでやろう?

調味料もこだわってたし

食べ物もこだわってたのにな。

 

 

添加物のものは取らないようにしたたのに

添加物たくさん食べてる子のほうが元気なんです。

なんでなんかな?

 

 

あれれ?

これって意味あるんかな?

 

 

私、大切な我が子のために頑張ってきたけど

その大切な我が子が、こんなにしんどそうにしてるやんか。

 

これって?????

どうゆうこと????

 

 

いろんなハテナとハテナが

浮かんでは、融合しては離れて

 

自分を攻めて責めてせめて。。。。。

 

 

で、思ったのが

 

「や〜めた!!!」

でした^^

 

 

もう、必死になるの

や〜めた!!!

 

 

ええねん。もう。

だって、何も気にしてない家庭の子のほうが元気やねんもん。

 

なんかアホらし!!

気にしてアホらし!!

 

もう、

楽しもう。

 

体にわるいもんも

楽しもう!!

 

それでええやん!

マクドも食べよう!!

 

ええやん。もう。

アイスも食べよう!

 

 

せっかく生まれてきたんやもん!

おいしいもの、たべよう!

喜んでたべよう!!

 

 

なんだか

そう吹っ切れたのでした。

 

 

感謝して食べる。

1日1日を生きる。

 

もう、それでええ。

それしかない。

 

人生たのしんだもんがちや〜!!

そう思ったのでした。

 

 

 

 

「楽しむ」

「笑う」

それに勝つ食べ物はないようにも

思う今日このごろなのでした^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


▲この記事に対してtwitterでつぶやけます。
コラム001 はじめての妊娠。

 

 

 

はじめて妊娠した時

「プレママ・プレパパ」って

言葉があることを知りました。

 

 

その言葉に

私は少しとまどって

少しプンスカ怒っていたようにおもいます。

 

 

「プレ」って言葉

なんだか「お気軽」に「お試し」

する時に使う言葉な気がして、

 

「人の親になる」重大なことを

なんだか「気軽に」「簡単に」

重要視してないような印象を受けたからです。

 

 

プンスカしてもしょうがないので

「母ってどんな感じなんだろう?」

そう思いながら、初めての妊婦生活を送っていました。

 

 

はじめての妊娠は

それはそれは、みんな優しくしてくれて

私は「女王様って、こんな気分なのかな?」と

ちょっぴり、ひたって嬉しかったり。

 

優しくしてくれるたび

「ああ、私は妊娠してるんだ。

お腹に赤ちゃんがいるんだ。」

って改めて自覚したり

 

「元気な赤ちゃんを産もう」

と決意をあらたにしたものです。

 

 

妊婦生活は

色々とまどう事も多かったです。

 

一番気を使ったのは

「食事」でした。

 

それも「メニュー」ではなく、

「調味料」^^

 

一番はじめに見直したのは

たしか「お塩」だったと思います。

 

それから、お醤油も

お味噌も、料理酒もお酢も

 

少しづつですが

「本物」と言われるものを

必死に本を読んだりして

勉強して探していました。

 

また、お料理に「お砂糖」を

使わなくなりました。

 

 

これは私独自のこだわりです^^

 

いつのころからか

「みりんでいいやん♪」と思ったからです。

 

以来、今日までお料理の甘みは

全て味醂だけです^^

 

 

妊娠したとき

「この子に会えるのは難しいです。」

と先生にまさかの宣告をされたので

 

会いたいから

私にできることはしよう。と決意しました。

 

でも、私にできることは

とってもささやかでした。

 

「調味料を見直すこと」

「できるだけ自然なものを食べる事」

 

シャンプーは赤ちゃんに影響するとか、

歯磨き粉も影響するとか

 

何を信じたらいいのか

分からなくなることもありましたが

 

知った限りは挑戦してみよう!!

と、シャンプーを2日おきにしたり、

湯シャンにしたり色々試してみました。

 

 

 

その結果…なのかは謎ですが

今では3歳になるライオン丸は

無事に産まれてくれて

一度も病気をしていません^^

 

よかった。よかった。。。。

 

 

そういえば、妊娠中

「赤ちゃんがいる生活」が

どんなものか、リアルに想像出来ませんでした。

 

 

そんな私をよそに

体は出産準備を進めていて、

その変化に私は驚くばかりでした。

 

 

乳輪がみるみる真っ黒に

なっていって「こんな色じゃなかったよね?!」

と戸惑ったり^^

 

そして調べてみると

「赤ちゃんがおっぱいを探しやすいように」

黒くなることが分かって、「おぉ…」と

妙に納得したり。。。

 

 

胎教に音楽がいい。

と聞いても、

胎教に絵本を読んであげるといい。

と聞いても、照れくさくて

なかなかできませんでした。

 

「お腹の赤ちゃん、かわいいでしょ?」

って母に聞かれたとき

 

「ん〜。。。わからないなあ。実感ないな〜。」

という私に、母は

 

「絶対産まれたら溺愛すると思うわ。」

とずっと言っていました。

 

私は正直「溺愛」するまでになるかな?

と思っていたのですが、産まれてみると

 

もう、溺愛でした(笑)

 

そのとき思ったのでした。

 

 

なるほど「プレ」ってこうゆう意味で使ってたのかな?

 

妊娠中と、出産してからでは

こうも変わるんだ。。。

 

その変化を「プレ」って言葉で

表現していたのかな?

 

 

「プレママ」は練習期間なのかもしれないな。

と思った記憶があります。

 

 

 

 

 

 


▲この記事に対してtwitterでつぶやけます。